本文へスキップ

愛護動物の遺棄の管理の考え方について

負傷猫制度について

* “負傷動物等を治療後に放つこと”について
平成27 年1月22 日付け神奈川県より、猫の収容に関して、
「環境省から出された通知により、
今まで に比べ収容される猫が増える可能性があるため、
情報提供としてご連絡いただきましたので、皆さまにお知らせいたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
県には「負傷猫制度」という制度があり、
これにより公共の場で負傷している、又は病気の猫について、
獣医師会に所属する動物病院で治療又は安楽死することを
県から獣医師会に委託しています。
この「負傷猫制度」では、治療後、回復した猫は「元の場所に戻す(放野)」
としていましたが、12 月に 環境省から出された通知により、
その行為が「遺棄」にあたる可能性があるとされたため、
今後は治療後の猫をセンターで収容する予定です。
そのため、これまでより特に野良猫の成猫の収容が増える
可能性が高いと思われます。
昨年度の統計によると、400 匹程度の負傷猫のうち、
病院で死亡・安楽死が60%以上、
治療後譲渡 が30%程度、放野は4%程度の17 匹となっています。

獣医師会に対しては委託契約時に今後も治療後譲渡に努め、
安易にセンターへ収容依頼しないよう、
お話させていただいております。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
というコメントをいただいております。
環境省自然環境局 環境省ホームページに掲載されています。
こちらから閲覧できます。 http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/files/n_23.pdf
私たちの地域からも、そういった猫をつくり出さないために、
これから猫を飼養される飼主様には
室内飼いを普及させていかなければなりません。

路上死にかかる経費について


路上死処理にかかる経費についてのpdfファイルはこちらからご覧になれます。
(秦野市議会議員風間正子氏が諸管轄に改善を求めるために
秦野市清掃事業所から入手下さったものです。)
この数値を考えますと、猫も室内飼いが必要ですし、
犬猫を逃がさないよう、逃げられないよう
正しい管理を飼主さまにはお願いしたいと思います。
inserted by FC2 system inserted by FC2 system